iot-mos

IoTをもっと身近に、そして簡単に!

「IoTって言葉自体はよく耳にするけど、IoTってそもそも何なの?なんかややこしそう…」という人も少なくはないでしょう。また、理解している人でも「IoTが便利なのは分かってるけど、導入にはかなりの費用がかかるんでしょ?」という意見が多いのも実情です。『誰でも簡単にIoT化を実現できる』をテーマに掲げ開発を続けてきたIoTエッジデバイス『iot-mos』が、IoTに対するネガティブイメージを払拭し、ご利用の環境におけるIoTの導入をお手伝いします。

iot-mos CORE

『iot-mos』は誰でも簡単にIoT化を実現できる、新しいIoTエッジデバイスです。環境保全や品質管理の向上、コスト削減など様々なご利用シーンにおいてお役に立てる商品です。本体と用途に応じたデバイスを揃えるだけなので非常に安価でIoTの導入が可能です。機器の設定はプログラミングアプリ『C-Style』を使用し、ユーザーレベルでプログラミングを行うことができるので、初期設定および仕様変更などに費用をかけずに運用することが可能です。

iot-mos CORE
iot-mos CORE 右側面
iot-mos CORE 左側面
電源:DC12V
CPU:STM32F103
I/F:I2Cx1, アナログx8
内蔵センサー:温湿度
通信:WiFi
寸法:W100*D100*H35mm
重量:150g
電源:DC12V
CPU:STM32F103
I/F:I2Cx1/アナログx8
内蔵センサー:温湿度
通信:WiFi
寸法:W100*D100*H35mm 重量:150g
電源:DC12V
CPU:STM32F103
I/F:I2Cx1/アナログx8
内蔵センサー:温湿度
通信:WiFi
寸法:W100*D100*H35mm
重量:150g
iot-mos デバイスシリーズ

デバイスシリーズ

iot-mos デバイスシリーズ リレー出力

リレー出力

接続した外部機器にリレー出力を行うデバイスです。外部機器用に別途電源を供給します。
iot-mos デバイスシリーズ アナログ入力

アナログ入力

スイッチなどの接点入力を行うセンサーを『iot-mos CORE』に接続することが可能です。
iot-mos デバイスシリーズ 温湿度センサー

温湿度センサー

『iot-mos CORE』内蔵の温湿度センサーとは別に、設置箇所周辺の温度および湿度を測定するデバイスです。
iot-mos デバイスシリーズ 人感・照度センサー

人感・照度センサー

人感センサーと照度センサーが一体化したデバイスです。社内の防犯管理などに役立ちます。
iot-mos デバイスシリーズ 3軸加速度センサー
iot-mos デバイスシリーズ 3軸加速度センサー

3軸加速度センサー

X/Y/Z方向の加速度を測定することで、物体の動きを把握するデバイスです。モーター機器などの異常の早期発見に役立ちます。
iot-mos デバイスシリーズ 熱電対温度センサー

熱電対温度センサー

通常の温度センサーより幅広い温度域を測定するデバイスです。専用のプローブを接続して使用します。HACCPの導入に役立ちます。
iot-mos デバイスシリーズ 超音波距離センサー
iot-mos デバイスシリーズ 超音波距離センサー

超音波距離センサー

超音波の送受信を利用して対象までの距離を測定するデバイス。水田や河川などの水位管理に役立ちます。
iot-mos デバイスシリーズ PHセンサー

PHセンサー

水溶液の水素イオン指数を測定するデバイスです。専用のプローブを接続して使用します。水耕栽培などの水質管理に役立ちます。
iot-mos デバイスシリーズ ECセンサー

ECセンサー

培養液や土壌の電気伝導率を測定するデバイスです。専用のプローブを接続して使用します。水耕栽培などの水質管理に役立ちます。
iot-mos デバイスシリーズ 電流センサー
iot-mos デバイスシリーズ 電流センサー

電流センサー

回路の電流を検出するデバイスです。機器の稼働状況を把握することで生産管理や運用コストの削減に役立ちます。
iot-mos各デバイスの接続ポートは次の表の通りです。
下図はiot-mos COREにすべてのデバイスをひとつずつ接続する場合の配線例です。アナログデバイス4台を本体左側面のアナログポートに接続します。リレー出力先に接続した外部機器を動作させるためには別途電源の供給が必要です。 I2Cポートは右側面にひとつしかないので、複数のデバイスを使用する場合はデイジーチェーン接続します。
iot-mos 接続端子一覧表
iot-mos 接続端子一覧表
iot-mos 接続例

プログラミングアプリ『C-Style』

C-Style キャプチャー

iot-mos』の設定は、ビジュアルプログラミングアプリ『C-Style』を使用します。『C-Style』は小・中学生のプログラミング教育を目的に開発された、DAISENオリジナルのプログラミングアプリです。プログラミング経験が全くない状態からでも、少しの学習で簡単に習得できる内容です。プログラミングによる設定を自身で行えるので、初期設定および仕様変更などに費用をかけずにIoTを運用することが可能です。

C-Style』はWindows(OSXP以降に限る)PCにインストールしてご使用ください。

iot-mos GATEWAY

ダイセン電子工業では、あらゆる『EnOcean Gadget』に対応したゲートウェイ『iot-mos GATEWAY』の開発も行っています。

それぞれのデバイスと『iot-mos GATEWAY』のペアリングを行うことで、当機に搭載されたWifiまたはLTEモジュールから、MQTTプロトコルにてネットワークに出力することが可能になります。接続先サーバーの変更や、仕様に合わせた出力データのカスタマイズも可能です。

電源:DC12V
通信:EnOcean – WiFi
サイズ:W100*D67*H35mm
重量:90g
電源:DC12V
通信:EnOcean – WiFi
サイズ:W100*D67*H35mm
重量:90g
iot-mos GATEWAY
電源:DC12V
通信:EnOcean – WiFi
サイズ:W100*D67*H35mm
重量:90g

iot-mos CLOUD

『iot-mos CORE』または『iot-mos GATEWAY』を設置しWiFiアクセスポイントに接続すると、専用のクラウドサーバー『iot-mos CLOUD』にアクセスします。『iot-mos CLOUD』にアップロードされたセンシングデータは、WEBブラウザにてすべてリアルタイムで閲覧することができます。またデータのロギングも可能で、CSVファイルでダウンロードして管理することも可能です。

iot-mos CLOUD ダッシュボード