α-Xplorerについて

タッチ操作で直感的にプログラミング『iPad版C-Style』

『iPad版C-Style』はBluetoothモジュールを搭載したロボットキット『α-Xplorer(アルファ・エクスプローラ)』を制御するプログラミングアプリです。タッチ操作で直感的に、そして感覚的にプログラミングを行うことができ、プログラムの修正・試行を手返し良く行える、プログラミング体験に適したアプリです。材質・構造ともに耐久性に優れたボディを持つ『α-Xplorer』は、標準搭載された左右の反射センサーに加え、様々なデバイスを追加搭載できる拡張性に富んだロボットです。
初めてのロボットに最適! α-Xplorer(アルファ・エクスプローラ)
α-Xplorer(アルファ・エクスプローラ)
α-Xplorer(アルファ・エクスプローラ)
α-Xplorer アルファ・エクスプローラ ロゴ
Windows OSでプログラミングを行うことを標準とする『α-Xplorer』にBLUETOOTHモジュールを搭載することで、iPadによるプログラミング・無線通信を実現。付属の反射センサーにより衝突回避、落下防止やライントレースなどの動作を制御可能。

Size: 90x130x54mm / Weight: 170g
OS: Windows XP or later
iOS10.0 or later (with BLE Module)

C-Styleアイコン
DAISENオリジナルアプリ『C-Style』を使用してプログラミングを行います。操作は簡単でわかりやすく、かつ奥行きのある本格的なアプリです。アプリは無料でダウンロードできるので、ロボット購入の前にお試しいただくことも可能です。

α-Xplorer 本体各部名称

α-Xplorer 各部名称

電池残量の確認

電池残量の確認

待機時のLED点滅と電池残量の関係
待機時のLED点滅と電池残量の関係

電池残量がひと目でわかる

電池残量がひと目でわかる

『α-Xplorer』は単三乾電池3本で駆動するロボットです。電池残量が少なくなってくると、モーターの回転速度の低下やBluetooth通信が不安定になる場合があり、これらの現象を回避するために早めの電池交換が必要です。
標準搭載の3色のLEDに電池残量を示す機能が備わっています。電源をONにした待機時に点滅しているLEDが、緑色の場合は電池残量が4.00V以上、橙色の場合は3.40〜4.00V、赤色の場合は3.40V以下を示しています。また『C-Style』のセンサーモニターでも電池残量のモニタリングが可能で、こちらは残量を数値で確認することができます。
※ ロボットの正常な動作を安定して得られるよう、電池残量4V以上での使用を推奨しています。電池交換の目安にしてください。

使用する電池についての注意

使用する電池についての注意

『α-Xplorer』には、単3形アルカリ乾電池を使用してください。本体に電池をセットする際は、電極の向きに注意してしっかりと取り付けてください。3本とも必ず同メーカーの同じタイミングで開封した(電池残量が等しい)アルカリ乾電池を使用してください。これは本機に限らず電池を使用する機器全般にあてはまることですが、電池残量に差がある電池を同時に使用すると電池の液漏れや発火の原因となり、機器の破損につながる恐れがあります。機器の使用頻度の低い時期は、必ず電池を取り外して保管してください。電池の取り扱いには十分注意するようにしてください。

Bluetoothモジュールを追加搭載してiPadでプログラミング

Bluetoothモジュールを追加搭載してiPadでプログラミング

Bluetoothモジュール

iPadによる無線通信が可能に

iPadによる無線通信が可能に

標準タイプの『α-Xplorer』にBluetoothモジュールを追加搭載することで、iPadによるプログラミングが可能になります。ロボットと通信する際の煩わしいケーブルの抜き差しが不要になります。
標準タイプの『α-Xplorer』にBluetoothモジュールを追加搭載する場合は、本体取り付け後に設定を行う必要があります。設定手順その他詳細は、取扱説明書を参照してください。

標準装備の反射センサーは手動で簡単切替

標準装備の反射センサーは手動で簡単切替

α-Xplorer 標準搭載反射センサー
α-Xplorer 反射センサー取り外し

α-Xplorerには、前方部分に左右ふたつの反射センサーが標準搭載されています。反射センサーとは、センサー部から赤外線を発射し、その跳ね返りを感知して障害物との距離を測ります。ただし障害物の材質や色合いによって赤外線の跳ね返り(反射)の量が変化するので、正確な距離は測定できるものではありません。

センサーはコネクター接続なので手動で簡単に切り替えることが可能です。

センサーはコネクター接続なので手動で簡単に切り替えることが可能です。

α-Xplorer 反射センサー前向き
α-Xplorer 反射センサー前向き 仕組み

前向きに接続すると衝突回避

前向きに接続すると衝突回避

反射センサーを前向きに取り付けることによって、前向きに目があるような状態になるので、障害物との衝突を避けるプログラムなどを作成することができます。

α-Xplorer 反射センサー下向き
α-Xplorer 反射センサー下向き 仕組み

下向きに接続すると落下防止

下向きに接続すると落下防止

反射センサーを下向きに取り付けることによって、下向きに目があるような状態になるので、落下防止やライントレースなどのプログラムを作成することができます。

別売の反射センサーを搭載するとこれらの動作を同時に行うことが可能です。

別売の反射センサーを搭載するとこれらの動作を同時に行うことが可能です。

α-Xplorer オプション反射センサー
α-Xplorer オプション反射センサー搭載例

衝突回避と落下防止の動作を同時に行う場合は『α-Xplorer専用反射センサーBlack』を追加で搭載し併用します。反射センサーはそれぞれ、赤色はCN1&CN2、黒色はCN3&CN4と接続ポートが定めれらているので、ふたつのパーツを使用する場合は、接続先が異なる赤と黒の2種類を使用するようにします。同色のセンサーを使用すると正常な動作は得られません。

別売のタッチセンサーを搭載すると衝突を検知することが可能になります。

別売のタッチセンサーを搭載すると衝突を検知することが可能になります。

α-Xplorer オプションタッチセンサー
α-Xplorer オプションタッチセンサー搭載例
α-Xplorer オプションタッチセンサー 仕組み
α-Xplorer オプションタッチセンサー搭載例

タッチセンサーはロボット前方部に搭載し、左右のバンパーが障害物との接触を検知するセンサーです。タッチセンサーは前向きに装着するので、下向きに反射センサーを併用することが可能です。反射センサーと同様、黒色のタッチセンサーの接続ポートはCN3&CN4です。

教材用オプションデバイス

教材用オプションデバイス

教材用オプションデバイスシリーズ
教材用オプションデバイスシリーズ

これらのデバイスは教材用に開発されたものです。
初めてのロボットプログラミング学習の応用として最適な商品です。

これらのデバイスは教材用に開発されたものです。初めてのロボットプログラミングの応用として最適な商品です。

シグナルLED

単色LEDライト。3色を一列に並べると信号機のように使用可能。

ブザー(メロディ)

音階をプログラミングするとメロディーを奏でるブザー。

ブザー(ビープ)

単一のビープ音を鳴らすブザー。

スイッチ

プログラムの開始や、動作中の切り替えなどに使用可能。

照度センサー

周囲の明るさを検知するセンサー。

衝撃センサー

衝撃や空気の振動を検知するセンサー。

温度センサー

周囲の温度を測定するセンサー。

水分センサー

土中などの湿り気を検知するセンサー。

シグナルLED

単色LEDライト。3色を一列に並べると信号機のように使用可能。

ブザー(メロディ)

音階をプログラミングするとメロディーを奏でるブザー。

ブザー(ビープ)

単一のビープ音を鳴らすブザー。

スイッチ

プログラムの開始や、動作中の切り替えなどに使用可能。

照度センサー

周囲の明るさを検知するセンサー。

衝撃センサー

衝撃や空気の振動を検知するセンサー。

温度センサー

周囲の温度を測定するセンサー。

水分センサー

土中などの湿り気を検知するセンサー。

オプションデバイスはコネクター接続なので手動で簡単に脱着が可能です。

オプションデバイスを接続するためにはコネクターを実装する必要があります。

オプションデバイスはコネクター接続なので手動で簡単に脱着が可能です。

Bluetooth搭載版α-Xplorer オプションデバイス搭載例
Bluetooth搭載版α-Xplorer オプションデバイス搭載例

オプションデバイスを使用するためにはコネクターを実装する必要があります。

コネクター実装済みBluetooth搭載版α-Xplorer
iPad版C-Style センサーモニター OUTオン時
3ピン・4ピンコネクター
アナログ入出力ポート 3ピンコネクター実装例

入出力ポート

入出力ポート

α-Xplorerに追加のデバイスを搭載するためには、それぞれのポートにコネクター(3ピン)をハンダ付けする必要があります。CN10は標準的にセンサーモニターの電池残量確認用に使用しているので、デバイスの接続にはCN1〜CN9のポートを使用します。
I2Cポート 4ピンコネクター実装例

I2Cポート

I2Cポート

カメラやコンパスなどのセンサーを搭載する、またはロボット同士の通信を行う場合などにI2Cで接続します。I2Cポートは2つで、使用する際はコネクター(4ピン)をハンダ付けする必要があります。
I2Cポートに接続するデバイスは、Windows版C-Styleでのみ制御可能です。

多種多様な拡張デバイス

多種多様な拡張デバイス

多種多様なオプションデバイス
DAISEN製ロボットには上記の他にも様々なデバイスを搭載することが可能です。用途に応じたデバイスを様々な方法で搭載し、オリジナルのロボットを作成することができます。その豊富な拡張性を最大限に活かした改造・プログラミング・検証を繰り返し行い、ロボット競技会にて好成績を収めるユーザーも少なくありません。ロボットプログラミングの醍醐味のひとつとも言える『オリジナルロボットの製作』まずは小さな改造から始めてみてはいかがでしょうか。
様々な用途に合わせて改造されたロボット
様々な用途に合わせて改造されたロボット